画像
車検ブログ-プラスチックでできている車

title

車のボディー素材の変化

タントの例

 タントの例

長い間、大きな変革がなかった自動車のボディーの素材が、大きく変わり始めています。その理由は環境問題とガソリン価格の高騰によるもので、自動車メーカーにとっては、燃費性能こそが車を作る際の最重要項目となり、各自動車メーカーは社運をかけた低燃費争いが行われています。エンジンについてはハイブリッドや電気、水素で走る車が開発され今では市販されています。更に燃費性能を上げる為に各メーカーはボディーの素材も軽量化と安全性を上げる為に変えてきています。車のボディーと言えば、鉄で作られるのが一般的でしたが、アルミをはじめ、「FRP(繊維強化プラスチック)」「CFRP(炭素繊維強化プラスチック)」などの軽量な素材や、「ハイテン(高張力鋼板)」と呼ばれる強度の高い鉄の採用でボディーに使用している鉄板を薄くすることで格段に軽くなった自動車を作ることで燃費性能が優れているだけでなく、軽快に走る自動車が最近では多くなってきているのはご存じかと思います。 写真のダイハツタントもボンネット・フロントフェンダー・バンパー、フロント外装部分の部品は全てプラスチックとなっています。柔軟性があり鉄より軽いプラスチックを使う事で軽量で安全性も高めています。車の素材に関しても日々進化し続けているのです。

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!