画像
車のスピードメーターが180km/hまであるのはなぜ!?

  • HOME
  • 会社案内
  • 車のスピードメーターが180km/hまであるのはなぜ!?

title

愛車のメーター確認したことありますか

普通車のスピードメーター

 普通車のスピードメーター

日本の道路では、一般道で最大60km/h、高速道路では100km/hとなっています。


みなさんのお車のスピードメーターは何キロまで表示があるでしょうか。


普通車であれば180km/h、軽自動車では140km/hのものが一般的。


法定速度を守って走行するならここまで表示する必要はないように思われます。


これにはいくつか理由があるんです。


道路の状況(下り坂・上り坂など)や同乗者の人数と荷物の量などにより車にかかる負荷が変わってきますね。


こういった様々な状況下でも100km/hだせるようにするためには空荷の状態で180km/h程度のスピードを出せる必要があるという考えが一つめの理由。


また、外国では法定速度が日本と異なる国もありますし、サーキットなどでは法定速度なんてものはありません。


海外での使用も視野に入れたうえでの速度設定となっています。


100km/hが上限のメーターだった場合、100km/h以上で走行するとメーターの針はどうなるでしょうか?


そうです!


メーターが振り切ってしまうため実際に何キロで走行しているかわからなくなってしまいます。


万が一100km/hをオーバーしてしまった場合でも今何キロで走っているかが確認できるようにしてあるのです。


みなさんが安全に走行できるよう工夫して作られているんですね!

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!