画像
車検ブログ-タイヤの節約術

title

タイヤを長持ちさせる方法

タイヤローテーション

 タイヤローテーション

タイヤの取付け位置を交換するローテーションという作業はご存知ですか?


タイヤは4輪均一には減ってくれません・・・


タイヤは同じ位置のまま長期間使用していると前輪と後輪で摩耗の進行や偏った摩耗をしてしまいます。


ローテーションとは定期的にタイヤの取付け位置を換える事でタイヤの減り方を均一に長持ちさせます。


車の構造にはフロントエンジン、フロントドライブのFF車とよばれる構造のものからフロントエンジン、リヤドライブのFR車、その他にも4WDなどエンジンの車両への取付け位置、駆動輪の位置に違いがあり、他にもタイヤの種類にはタイヤの側面にタイヤの回転方向が表示されており、それぞれおすすめするローテーションの方法も変わってきます。


一般的には前輪に取付けられタイヤはショルダー部(片側)、後輪はセンター部(中央部)に摩耗がおこりやすくなります。


タイヤの寿命は距離ではおよそ3万kmから4万kmと言われていますが、タイヤに取付けられる位置により摩耗の仕方や進行は違い、車両の形状や重さ、乗り方にも変わります。


基本的には摩耗の少ない、溝のあるものを常に前輪にもってきます。タイヤローテーションは、5千kmから1万kmの走行ごとが目安とされていますが、普段からタイヤをチェックする習慣をつけ前後での摩耗状態に変化が見られたらタイヤのローテーションをお勧めします!


タイヤは走行への性能と安全性が直接関わる重要な部品となります。スタッドレスに交換する際など、ローテーションをお願いしてみてはいかがでしょうか。ローテーションでタイヤの寿命をのばして経済的で安全なカーライフを楽しみましょう!

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!