画像
アジアンタイヤご存知ですか?

title

最近注目を浴びているタイヤメーカー

比較的安価なアジアンタイヤ

 比較的安価なアジアンタイヤ

みなさん、こんにちは!


タイヤ大きく2つに分けられます。それは国内メーカータイヤか海外メーカータイヤかです。輸入タイヤなんて呼ばれ方もしますね。今回はタイヤメーカーについてと最近注目されているアジアンタイヤについてお話させていただきます。


●国内メーカータイヤ
国内メーカータイヤは、ブリヂストン・ダンロップ、ヨコハマ・トーヨーなど、一番耳にするメーカーです。国産タイヤは低燃費タイヤやミニバン専用タイヤなど車種や乗り方に合わせた様々な種類のタイヤがあり、同じメーカーから様々な商品が発売されていますので何処のメーカーのどの商品にするか選ぶ必要があります。


●海外メーカータイヤ
海外メーカータイヤはミシュラン、グッドイヤー、ピレリなどが有名です。グッドイヤーは海外メーカーではありますが日本法人を設立し日本で販売するほとんどのタイヤは日本の工場で製造されています。また海外メーカーでも最近低価格で高品質なタイヤで注目を集めているメーカー、ハンコック、クムホ、ケンダなどは韓国、台湾のタイヤメーカーになりますので「アジアンタイヤ」と呼ばれています。


●主なアジアンタイヤメーカー
韓国:ハンコック、クムホ、ネクセン
台湾:ケンダ、ナンカン、フェデラル
中国:ハイフライ、マックストレック
インドネシア:エーティーアールラジアル
etc


●アジアンタイヤ
アジアンタイヤは国内メーカータイヤと比べ非常に安いところが人気を集めている理由です。安くても性能や安全性が悪ければこれほどアジアンタイヤを購入する方はいないと思います。アジアンタイヤは国内メーカーと比べると、低燃費性能や耐摩耗性能、静粛性能では少し劣りますが安全性能はしっかり備えていますので安全に走行することができます。近隣のインドネシア諸島がゴムの原産地域という事も味方してサイズ等にもよりますが国内メーカータイヤの半値位で売られている商品もあります。


高性能な国産タイヤ、低価格な輸入タイヤ、皆さんはどちらを選ばれますか?
弊社でも国産タイヤから輸入タイヤまで取り揃えておりますのでいつでもご相談ください。

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!