画像
車検ブログ-レギュラーとハイオクって!?

  • HOME
  • 会社案内
  • 車検ブログ-レギュラーとハイオクって!?

title

レギュラーとハイオクの違い

間違ったガソリンを入れると・・・

 間違ったガソリンを入れると・・・

ガソリン価格が値上げ傾向にあります。 財布にとっては、厳しいですね・・・ そこで、今回は自動車の燃料であるガソリンについてご紹介させて頂きます。 まず、自動車で使用される燃料は大きく分けて3種類です。 1. レギュラーガソリン 2. ハイオクガソリン 3. 軽油 レギュラーとハイオクの違いが何かというと、オクタン価の違いです。 オクタン価とは、エンジン内でのガソリンの着火のしにくさ、ノッキング(異常燃焼)の起こりにくさを示す数値となります。 ちなみに、レギュラーのオクタン化価 89.0以上 ハイオクのオクタン価は96.0以上と定められており、オクタン価が高いほど、ノッキングが起こりにくくなります。 多くのガソリン車はレギュラーを使用しており、ハイオク車はピストンの圧縮比が高いエンジンを搭載している車両が多いようです。 とくにヨーロッパ車はガソリンのオクタン価基準の違いからハイオク仕様車がほとんどです。
レギュラー車にハイオクを入れる場合は特に問題はありません。 ノッキングを抑える事ができますし、ハイオクに含まれている添加剤によりエンジン内部の洗浄されるメリットがあります。 もしハイオク車にレギュラーをいれたら・・・・。 ハイオク仕様の車はエンジンの圧縮比が高い為、レギュラーを入れた場合ノッキングを起こす可能性があり、車の性能を引き出せない事が考えられます。 しかし、多くのハイオク車でレギュラーを入れた時の事を想定されたコンピューターが組み込まれていますので大きな害はないと思いますが・・・。と、言われても心配ですよね!?ハイオク仕様車にはハイオクを入れましょう。 どちらを入れても、大きな害は早急には起きないと思われますが、車本来の性能を発揮させるためにもメーカーが指定したガソリンでの給油をお勧めします!

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!