画像
車検ブログ-エアコンの賢い使い方

title

車内の温度を効率的に下げる方法

3つのポイント!

 3つのポイント!

夏の炎天下に駐車してある車に乗る時、暑くて大変な思いをした経験ありませんか?
サウナに入ったような車内の温度、熱くて握れないハンドル、エアコンを全快にしてもなかなか冷えないなど、炎天下の時の運転は苦労しますよね。今回のそんな炎天下でカーエアコンを賢く快適に使う方法についてお話させて頂きます。


1つ目はカーサンシェードを使用することです!炎天下で長時間駐車すると車内の温度は50度を超えることもあります。炎天下で長時間駐車する場合はサンシェードを使用すると温度の上昇をぐっと抑えてくれます。車内の温度を低く抑えることができるため、エアコンの効きも速くなり快適に運転をスタートすることができます。


2つ目、車に乗り込む前にはドアやバックドアなどを開けて高温になっている車内の温度を外に逃がすことです。温度を速く下げるコツは全てのドアを全開まで開け、片方どちらかのドアを開けたり閉めたりを3回位繰り返すことで反対側のドアから高温になっている空気を強制的に外に逃がすと車内の温度を速く下げることがでるため、エアコンの効きも速くなり快適に運転をスタートすることができます。

3つ目はエアコンの設定になります。ポイントは温度では無くどこの空気を使ってエアコンを使用するかです。エアコンの設定に「外気導入」と「内気循環」があります。「外気導入」は車外の空気を取り入れエアコンを作動しますので真夏の暑い時期は車外の温度が高くエアコンが冷たい風を出そうとすると非効率です。夏場は「内気循環」にするとエアコンで冷えた車内の空気を取り込みエアコンで更に冷やすため、効率が良く車内を涼しく快適な状態で運転することができます。

炎天下に長時間駐車する場合に限らず夏場は3つの方法を行うと快適に運転を楽しむことができます。ガソリン代の節約にもなりますので1度試してみて下さい。賢く快適に夏場のドライブを楽しみましょう。

会社案内の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!